服部公益財団は、1919年2月6日に日本の内務省より認可を受けました。 1919年に服部太郎吉が設立して以来、服部公益財団は幅広い教育支援活動において活躍しています。

地域社会の福利改善のために最善を尽くすことが財団の基本的理念です。 財団は幼児教育から始まり、高等教育の場まで幅広く積極的に教育活動を支援しています。 文化と教育の町としての岡崎のよりいっそうの発展と、 また三河地方に独特の気風を活気づけるすることをも目的としています。

初代服部太郎吉は昭和36年7月1日、岡崎市の名誉市民(岡崎市のHPへリンクします)として、民生・育英事業、私学振興への貢献を顕彰されました。

 

目的:

国際教育に関して、服部公益財団は日本、また世界中において他の教育機関と進んで協力していくために、いくつかの主要な目的があります。私たちは日本そして海外における学生の日本語の質を高めるために献身しています。私たちの提供する奨学金、高等教育機関への研究と支援はこの努力の鍵となるものです。また財団は、日本国内における外国語教育の質を(特に教授技術)向上させることや、若い世代の日本人が海外で学べる機会を多く得られるように力をそそいでいます。この活動の鍵として、海外の教育機関が日本語を学ぶ学生により多くの情報を提供できるように促し、またそれを行うための効果的な方法を与えています。

主要な諸活動:

YAMASA言語文化研究所
外国人のための日本語学校。

愛知日本語教育研究センター
夏期、冬期、短期コースで日本語を集中的に学習する場。
低価格で学生寮を提供しています。

暮らしの学校
Mind, Health and Lifestyle - 「心」「健康」「暮らしの知恵」を学ぶカルチャーセンター。

服部フェローシップ
日本語クラス上級者のための財政援助、職業ガイダンス。

YAMASA奨学金制度
服部公益財団は、日本語を学ぶ学生に奨学金を支給しています。

愛知生涯教育 A.C.E.留学センター
質の高い海外の学校を紹介し、海外留学のサポートを行っています。ヤマサ言語文化研究所や、その他地元の研究所や施設をはじめ、インターネットを通じて、日本全国を対象に、海外留学を希望する学生へのカウンセリングや留学手続きサポートサービスを行っています。

愛知生涯教育 A.C.E. 外国語文化教育センター
外国語コース:英語、中国語(マンダリン)、フランス語、韓国語、ベトナム語、インドネシア語、タガログ語、日本語 (対象ネイティブスピーカー以外) 文化交流サロンやパソコン、インターネット上のコースもあります。

岡崎国際交流センター(OIIC)
文化交流のコーディネート。海外の学生へのホームステイ先手配など

岡崎工業学校
現、岡崎工業高等学校。1938年に愛知県へ寄付されるまでは服部公益財団によって設立運営されていました。

めぐみ幼稚園
1933年設立経営。岡崎市で長い歴史のある幼稚園です。現在、学校法人 服部学園 めぐみ幼稚園となっています。

めぐみワンダーランド託児室
はたらくおかあさんのための託児室です。JR岡崎駅近くという立地にあって、託児施設を服部公益財団が設立しました。